NISSAN SKYLINE GT-R (BNR32) Gr.A "CALSONIC TEAM IMPUL" JTC NISHI NIHON CIRCUIT 1990 Winner

  • NEW
  • ポイント2倍
  • オススメ
商品コード:
EM408
ポイント: 2,600 Pt
関連カテゴリ:
EIDOLON
Booking (予約商品)
NISSAN
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「日産 スカイライン GT-R (BNR32) Gr.A カルソニック チームインパル JTC 西日本サーキット 1990」です。

本モデルは1990年3月18日に西日本サーキットで行われた”オールジャパンオールスター300kmレース”にて圧倒的なデビューウィンを飾った”日産 スカイラインGTR(BNR32)Gr.A カルソニック チームインパル “を忠実に再現したモデルになります。

日産 スカイライン GT-R (BNR32) Gr.A仕様は1989年から秘密裏に開発が行われていました。
ホモロゲーションモデルである「日産 スカイライン GT-R (BNR32) NISMO」をベースにトルクスプリット四輪駆動システム「ATTESA E-TS」や、日産工機の手により改良が施された「R26DETT」など外観以外の改造範囲は多岐に渡りました。
デビューレースでは星野一義が率いる「チームインパル」と長谷見昌弘率いる「ハセミモータースポーツ」から一台づつエントリーしました。予選から2台のスカイラインGT-Rがフロントローを独占、カルソニックのマシンは3位以下に約2秒もの差をつけていました。
圧倒的な速さでラップを刻んだ2台ですが、レース終盤にリーボックスカイラインのトランスミッションが破損し、4速しか使えなくなりました。カルソニックスカイラインも5速のギアが破損しましたが軽症だったためそのまま一位を勝ち取りました。

モデルは、日産ヘリテージコレクションにて入念な取材を行い3Dデータを作成しました。
3Dスキャンと採寸、様々な角度から撮影した写真などを用いて決定版とも言えるモデルを目指し開発しました。ボディサイドに流れるキャラクターラインやフロントバンパーなどシンプルな形状に見えますが、実際には複雑な局面で構成されています。
またカラーリングや細かなディティールは当時の動画や資料を基に再現しています。

EM408 : 日産 スカイライン GT-R (BNR32) Gr.A カルソニック チームインパル JTC 西日本サーキット 1990

※アクリルベース、クリアーカバー付属

※2018年6月発売予定
※Released in Jun 2018
販売価格(税込):
28,080
数量:


EM408 : 日産 スカイライン GT-R (BNR32) Gr.A カルソニック チームインパル JTC 西日本サーキット 1990

※アクリルベース、クリアーカバー付属

※2018年6月発売予定
※Released in Jun 2018