McLaren Honda MP4/6 Japanese GP

  • NEW
  • ポイント2倍
  • オススメ
商品コード:
FE016A~FE016B
ポイント: 2,850 Pt
関連カテゴリ:
EIDOLON Formula
Booking (予約商品)
McLaren
『EIDOLON FORMULA(アイドロン フォーミュラ)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして発売予定の「マクラーレン ホンダ MP4/6 日本GP 1991」です。

本モデルは1991年シーズンの日本グランプリでアイルトン・セナがワールドチャンピオン獲得を決め、ゲルハルト・ベルガーに勝利を譲った記憶が残る「マクラーレン ホンダ MP4/6」を忠実に再現したモデルです。

1991年シーズンのF1は、4年連続ドライバー&コンストラクターズ・チャンピオンを獲得しているマクラーレン・ホンダの新たな対抗馬として、優れたパッケージングのニューマシンFW14を登場させたウィリアムズ・ルノーが大躍進し、ドライバーズ・チャンピオン争いは、マクラーレン・ホンダのあいるとん・セナとウィリアムズ・ルノーのナイジェル・マンセルによる一騎打ちとなり、マンセルは日本GPと最終戦オーストラリアGPで連勝すればタイトルを獲得できる状況でした。シーズン第15戦として開催された日本グランプリではまず、予選でマクラーレン・ホンダのゲルハルト・ベルガーが1分34秒700というスーパーラップを叩き出しPPを獲得します。このベルガーのラップタイムは2001年にミハエル・シューマッハ(フェラーリ)に塗り替えられるまで、10年間に渡り鈴鹿サーキットのコースレコードとして記録された偉大なタイムです。2位には0.2秒差でセナが続き、マンセルがその後に続きました。

決勝レースでは上位3台が予選順位のままスタートし、PPから飛び出したベルガーが単独でトップを走行。セナはマンセルを押さえつつ2番手をキープしていました。優勝しなければチャンピオン獲得の望みが絶たれるマンセルは10周目、ホームストレートでセナの背後に迫り第1コーナーにアプローチするもコースアウト。サンドトラップにはまり身動きが取れなくなり、そのままリタイヤしてしまいます。マンセルのリタイヤによって自動的に二年連続三度目のワールドチャンピオン獲得が決まったセナは、その後ペースアップしトップを走行するベルガーをパス。しかし最終ラップに入るとセナがペースダウンし、ベルガーがセナに追いつきます。最終コーナーをクリアするとベルガーがセナをかわしてトップでチェッカーを受けました。

モデルはこれまでのアイドロン・フォーミュラ製モデルと同様にメインボディがレジンキャスト製になる以外ほとんどのパーツがホワイトメタルやブラスなどの金属製部品を用いたマルチマテリアルモデルとなります。前後のサスペンションアームもこれまでの同ブランド製モデル同様真鍮製ロストワックス部品により再現し、実車同様のサスペンションアームの形状と強度をもたらした構造となります。また特徴的な二色のカラーリングは塗り分けで再現しております。
日本GPで2位表彰台を獲得し、1991年のドライバーズ・チャンピオンを獲得したセナ車のほか、予選でスーパーラップを叩き出し、決勝レースで優勝したベルガー車をモデル化致します。

FE016 : マクラーレン ホンダ MP4/6 日本GP

FE016A : マクラーレン ホンダ MP4/6 日本GP 2nd No.1 アイルトン・セナ - ワールドチャンピオン -
FE016B : マクラーレン ホンダ MP4/6 日本GP ウィナー No.2 ゲルハルト・ベルガー

※台座、クリアーカバー付属

※2018年6月発売予定
※Released in Jun 2018
販売価格(税込):
30,780
Type (種類):
数量:


FE016 : マクラーレン ホンダ MP4/6 日本GP

FE016A : マクラーレン ホンダ MP4/6 日本GP 2nd No.1 アイルトン・セナ - ワールドチャンピオン -
FE016B : マクラーレン ホンダ MP4/6 日本GP ウィナー No.2 ゲルハルト・ベルガー

※台座、クリアーカバー付属

※2018年6月発売予定
※Released in Jun 2018

>>>Other picture

関連商品

McLaren Honda MP4/4 Japanese GP 1988

販売価格(税込): 30,780 円