ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

Porsche 935/78 "Martini Racing Porsche System" DRM Norisring 1978 No.40

通常価格 (税込)
¥30,800 (税込)
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「ポルシェ 935/78 "マルティニ・レーシング" DRM ノリスリンク 1978 No.40]です。

EM542 : ポルシェ 935/78 "マルティニ・レーシング" DRM ノリスリンク 1978 No.40 (限定200台)
EM542
  • 1/43
  • 限定品
  • NEW

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • モデル解説
  • 車両説明

1978年のドイツレーシングカー選手権のノリスリンクラウンドに出場した「ポルシェ 935/78」を忠実に再現したモデルです。

モデルはポルシェミュージアムに保存されている935/78を取材し作成しました。

1978年の仕様とは異なるので古いアーカイブを元にカラーリング、パーツ形状を考証しています

全く新しいボディワークはモビーディックの為に専用設計で開発しています。

またリアのロングテールの中に収まる2機のタービンやエキゾーストマニホールド等も再現しました。

※台座、クリアーカバー、シリコンクロス付属


>> Other picture

70年代後半、「ポルシェ 935」はGr.5カテゴリーで無敵の速さを誇りました。

1976年からレースに参戦し、数々のモディフィケーションを受け、形状が変化して行きました。特にワークスチームとして活動していたマルティーニレーシングでは毎年のように大きくボディワークが変更されました。

1978年にはレギュレーションの変更により前後のオーバーハング部分の延長が可能になりました。そこでポルシェはルマンのロングストレート「ユノディエール」で、よりスピードが出せるようにロングノーズ・ロングテール化をおこないました。コックピット周りとテールランプ以外はベースになった911の面影は見ることができないほどの変更となっています。

また軽量化とサスペンションシャーシは前後部分が切り落とされ、パイプフレームにより組み換えられています。

外観はトラディショナルなマルティーニストライプによって疾走感を感じられるカラーリングになっています。

エンジンは3.2L4バルブ水冷式ヘッドに換装され850馬力を発生します。

ルマンスペシャルと言っても過言ではない935/78ですが、1978年のDRM(ドイツツーリングカー選手権)のノリスリンクにも出場しました。

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約