ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

TOPICS

  • メイクアップのモデルカーのこだわり(ホワイトメタルパーツ)

    メイクアップのモデルカーの特徴のひとつにホワイトメタル製パーツの使用が挙げられます。ホワイトメタルは錫や鉛、亜鉛などから構成される金属で、融点が低く鋳造のし易さから小さな部品の成型に向いています。またレジンよりも剛性が高いため、例えばホイールの繊細なスポーク表現なども向いています。 ゴム型を回転させて溶かしたメタルを流し込むため、原型を円状に配置 気泡などが入らないように流路を工夫し製作 ホワイトメタル製部品もレジン同様にトロトロに溶かしたホワイトメタルを、硬いゴム製の雌型に遠心力を使って隅々まで流し込み、その硬化後、型から成型物を型から取り出すことで製造します。 原型は細密なモールドを行うことができ、さらに強度も確保できることから真鍮を使用し、その製作は旋盤を使って切削で行います。また、ゴム製の雌型を作る際、原型自体にも強度が求められることから真鍮を用いています。 鋳造後はバリなどの不要部を除去、歪みなどを細かくチェック ホワイトメタルは成型後の部品を磨いてもメッキのようなツヤは出ますが、表面処理をしなければすぐ表面が酸化してツヤは鈍化してしまいます。そこで弊社の場合、ホワイトメタル製部品の多くは上からクロームメッキ処理を施します。 レジンやプラスチックにもメッキ処理はできますが、基本的にそれらは蒸着メッキといって、塗装に近いものである上に、その下地にプライマーコートなどを施す必要があるため、どうしても厚ぼったく見えてしまいます。 1/43といった小スケールでは、メッキの厚ぼったさはリアリティを一気に低下させてしまいます。ホワイトメタルの場合は実車のメッキと同様に、電気を使ってホワイトメタル表面を鏡面に変化させているため、シャープ、かつ深みのあるツヤを湛えることが可能になります。また、メッキを施すことによって、ホワイトメタル製部品の強度も向上します。輝きと強度の両立という意味で、メッキは非常に有効であることがお分かりいただけると思います。 またメッキと言えば、弊社では窓枠などにエッチングパーツを利用する際にも同様の処理を施しています。エッチングパーツは、そのままでもかなり輝度が高いため、メーカーによってはクロームの窓枠表現に、エッチングパーツをそのまま貼り込んで使用しているところもありますが、より実車に印象を近づけたいと思ったときに、やはりエッチングパーツのままでは、風合いが異なります。しかし、エッチングパーツはステンレスなので通電せず、いわゆるメッキ処理が施せません。そのため、エッチングパーツの表面をメッキで覆うために、まずエッチングパーツの表面に銅のコーティングを行います。これによって通電が可能となり、深みある輝きも美しい、実車のような窓枠表現が可能になっているのです。 text : Makoto Ukai

    もっと読む
  • メイクアップのモデルカーのこだわり(レジンパーツ)

    メイクアップのミニカーは素材にレジンを用いています。レジンは実車に忠実なプロポーションやディテールの再現に適していますが、数少ない弱点のひとつとして、型の耐久性の低さが挙げられます。レジン製モデルカーは原型が出来ると、それを雄型として、複製用の雌型を作ります。タイ焼きに例えれば、タイ焼きが雄型、焼き機が雌型ということになりますが、実は“硬さ”という面ではまったく逆の関係になります。硬い鉄製の焼き器を使って、柔らかいタイ焼きが焼き上がるのに対して、レジン製モデルカーは柔らかいシリコン製の雌型にトロトロに溶かしたレジンを流し込み、レジンが固まるのを待ってから雌型を引きはがすことで部品が成型されます。 型が柔らかいということは、たとえばエアインテークやドアラインなど、かなり入りくんだ部分でもレジンが行きわたりさえすれば、型を引きはがしたり引き抜いたりできれば成型できるということになります。 しかし、型が柔らかくて成型の自由度が高い反面、型の耐久性は低く、クオリティにこだわれば、ひとつの型で成型できる部品の数は限界があり、数多く製品を作るためには大量のシリコン型が必要になります。 例えば、弊社のモデルカーのパネルライン(ドアやボンネットの分割線)は0.3mm幅ですが、0.3mmの凹ラインを再現するためには、シリコン型側には0.3mmの凸モールドが必要となりますが、成型物から何度もシリコン型を引きはがしていると、その凸モールドが欠損し易いことはご想像いただけると思います。 そのため、弊社ではひとつのシリコン型で成型する部品は10個程度にとどめています。メーカーによっては、同じシリコン型で数十個、数百個の部品を成型するところもありますが、型側の耐久性を上げるためには繊細な表現はある程度妥協する必要もあるはずです。繊細な表現や彫刻にこだわればこだわるほど、シリコン型はより繊細な凹凸が必要とされることになり、その分型自体の剛性が低下し破損し易くなり、生産性は下がりコストもかかります。輪郭のクッキリとしたタイ焼きを作り続けるためには、焼き機の方を使い捨て感覚で替えていかなければならない、そうイメージしていただくのがわかりやすいかもしれません。 キャスティング後は成型に不具合がないか確認、不要部分を削り出す作業 成形物の表面に開いてしまう極小の穴をパテなどで埋める作業 text : Makoto Ukai

    もっと読む
  • メイクアップのモデルカーはなぜレジン製なのか

    レジン製モデルカーが広く認知されるようになったのは、今から30年ほど前のこと。それ以前は少量生産のモデルカーの多くはホワイトメタル・鋳造製でした。一方で大量生産をする場合は、高価な金型を別途製作し、トロトロに溶かした金属を高圧で金型内に注入して部品を成型するインジェクション成型のダイキャスト製が古くから主流となっていました。 3Dプリンター出力原型 話を少量生産に限定すれば、モデルカーの素材としてはレジンとホワイトメタルのふたつの選択肢があり、現在はレジン製が多数派で、ホワイトメタル製はシュリンク傾向にあります。その理由は簡単に言えば、原型製作の “し易さ” にあります。レジンは現在もっとも進んだフェイズでは、3D CADで設計した原型を3Dプリンターで出力する方法がありますが、ホワイトメタルは原型を真鍮を切削して製作する必要があり、時間もコストもかかります。ホワイトメタル製品の原型を製作するには高いスキルが必要で、それはかつて彫金師にも匹敵する技術が必要と言われるほどでした。 ケミカルウッド原型 レジン製モデルカーもかつては原型師が手作業でマスターをスクラッチすることもありましたが、その多くはケミカル(サイコ)ウッドなど、加工のし易い材料が用いられていたこともあり、ホワイトメタル製品の原型よりは製作は容易となります。と、ここまで書くと今日のレジン製モデルカーの製作がデジタル作業の産物とも受け止められかねませんが、実際にメイクアップでは3Dプリンターの出力品がそのまま原型になるわけではなく、例えばパネルラインのスジ彫りや微細な面表現のアールなどは手作業で修正を加えています。レジン製モデルは原型がそのままマスターとなるので、いい意味でデジタルとアナログのシナジーを活用することができます。 手作業によるスジ彫りや細かい造形の修正 ダイキャスト製品などは、そうした微細な面の修正や、ドアラインの深さなどを求めると、高価な金型の方を設計し直す、あるいは金型の方に金属を盛ったり、削ったりとコストも時間も必要となるため、小回りが利きません。そういう意味でも、気に入らない部分を速やかに修正し、なおかつ商品化までの時間を短縮できるということからメイクアップではレジンをミニカーの材質に用いています。また、車体の意匠の一部を変更して、例えば実車の後期型と前期型を作り分けたい、といったバリエーション展開を行う場合も、ダイキャスト製は金型を作り分けたり、また金型の入れ子(コマ)を交換できるように設計する必要があるなど大掛かりな作業が必要となりますが、レジン製の場合は原型の加修も容易なため、かなり小回りの利く対応が可能になります。 実はメイクアップは1980年代後半から1990年代中盤にかけて、ロストワックス製法やプレスで加工した真鍮をボディやフレーム素材に用いたスーペリアモデルというラインの商品もリリースしており、精密なメカニズムを内蔵しつつ、それを覆うボディは薄く実車のような風合いを見せるとあって非常にご好評をいただきましたが、非常に高価な製品となったため、現在は製造を行っていません。良い製品を皆様にお求めやすい価格で提供したい、そんな思いからも現在はレジン製モデルの品質向上に最善を尽くしています。 text : Makoto Ukai

    もっと読む

SEARCH

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約